【果物狩り】 多種多様な蔵王産の旬の果物をリーズナブルに堪能しよう!

【果物狩り】 多種多様な蔵王産の旬の果物をリーズナブルに堪能しよう!

【果物狩り】 多種多様な蔵王産の旬の果物をリーズナブルに堪能しよう!

体験・スポーツ 取材記事

【果物狩り】 多種多様な蔵王産の旬の果物をリーズナブルに堪能しよう!

蔵王町役場付近から遠刈田地区の入口付近にかけて、県道12号線沿いには果樹園や直売所が並び、別名「フルーツロード」とも呼ばれています。ここでは、夏から初冬にかけてりんごやブルーベリーといったいろいろな果物狩りが楽しめます。

7月上旬頃からは、一部の施設や農園でブルーベリー摘み取り体験ができます。中にはキロ単位で買って持ち帰り、ジャム等に加工して長く楽しむ常連の方もいらっしゃいます。
ブルーベリー摘み取りが可能な時期(目安):7月上旬頃~8月上旬頃
8月になると、一部の果樹園では桃狩りも楽しめます。全盛期から比べると生産量は少なくなっていますが、桃は蔵王を代表する作物のひとつで、町の花もももの花です。
桃狩りが可能な時期(目安):8月
桃の季節が終わり9月になると、梨狩りやりんご狩りが楽しめます。宮城県一の生産量を誇る梨は、大きさ、甘さ、みずみずしさとも一級品で、生産者が取れたての梨を即売する恒例イベント「みやぎ蔵王梨まつり」では、開始2時間ほどで完売してしまうお店もあります。
梨狩りが可能な時期(目安):9月上旬~11月
9月~12月初旬頃と、長い期間楽しめるのはりんご狩りです。
「室野井果実園」では、入園無料、時間無制限、ワンコイン500円で食べ放題と、甘さたっぷりで新鮮なリンゴをリーズナブルに堪能できます。採ったその場でいただきましょう。持ち帰りや地方発送にも対応していますよ。
また、蔵王のりんごで有名な品種「蔵王はるか」は香り高く、糖度15度以上と甘みも強いのが特徴です。皮は黄色、果肉が硬めで蜜が多く入っています。生産量が少なく、希少価値が非常に高くなっています。毎年11月下旬には直売会も開催され、多くの人で賑わいます。
蔵王の風土を生かして栽培された多種多様なフルーツ。果樹園や農園で、摘みたて・採れたての味を堪能してみてはいかがでしょうか。
※果物狩りは一部の施設で事前予約が必要です。
※果物狩りの具体的期間や料金、予約については、各農園へお問合せ下さい。
【ざおうさまの一言】
四季のジェラート(梨味)はもう食べたかのう?蔵王の果物はどれも自慢の味なのじゃ。

言語選択

ざおうさまの紹介
しろいし観光ナビ

言語選択

ざおうさまの紹介

ガイドマップ

Access

しろいし観光ナビ

pagetop